子供の背を伸ばす方法|小中学生の成長サプリ!もうチビとは言わせない

小中学生の身長を伸ばす方法を様々な角度から検証しているサイトです。

子供の身長が止まった!?小中学生の背を伸ばす方法

calendar

「現代の子供たちは昔に比べて、身長が高い子が多い」というイメージが強いのではないでしょうか。ところが最近、それは間違いだということがわかってきました。

実は20年くらい前から、日本人の成長期の子どもの平均身長がほとんど変わらないということが現状のようです。

では、日本人の子供たちの身長は、なぜこのような状態になってしまったのでしょうか。これは、現代社会における、子供たちのライフスタイルの変化が大きく関係していると言われています。

例えば、毎日の忙しさやプレッシャーに追われる生活などが、正にそうです。また、PCやスマホが子どもたちにも普及したことも、子供たちのライフスタイルを大きく変化させました。この変化によって、子供たちの体の内側にも色々な影響が起きるようになりました。「子供たちの身長があまり伸びなくなった」という現象は、その結果の1つです。

それでも「身長を伸ばしたい!」と、豊富な栄養を摂ったり、運動をしたりと、頑張っている子供もたくさんいます。しかし、残念ながら思ったような結果が出なかったというケースも多いようです。
実は、「身長を伸ばすための努力」で結果を出すには、「適切なタイミングで行う」という条件が付きます。

このタイミングを逃して努力してしまっている子供も、かなり多いようです。これも、「伸びるべき時に身長が伸びない」という現象に大きく関係していると言われています。

子供の背が伸びない理由はなに?

現代の子供は、以前に比べてなぜ伸びなくなってしまったのでしょうか。それを突き詰めてみると、かなり具体的な原因がわかってきました。そこで、具体的にどのようなことが原因で背が伸びないのか、お話していきたいと思います。

原因①:病気やケガによるホルモン異常

子供の背が伸びない原因として考えられるものの1つに、ホルモン異常が挙げられます。ホルモン異常には、大きく分けて2種類あります。

  1. 1つ目は成長ホルモンの異常で、「成長ホルモン分泌不全性低身長症」と呼ばれています。これは、幼少期に病気やケガなどで脳にダメージを受けたことが原因で起こります。脳へのダメージによって、脳から成長ホルモンがスムーズに分泌しなくなり、背が伸びにくくなってしまうのです。
  2. 2つ目は甲状腺ホルモンの異常で、「甲状腺機能低下症」と呼ばれています。甲状腺系の病気にかかると、甲状腺ホルモンの分泌が極端に少なくなります。このことも、子供の低身長の原因の1つだと言われています。
≪原因②:偏食≫

現代の子供に多く見られる偏食も、低身長の原因の1つです。人間の体は、食べ物から作られており、その基礎となるのは、毎日の食事です。ところが現代の子供は、3食きちんと食事を取っていなかったり、偏食だったりする傾向があります。

その結果、背を伸ばすために必要な栄養素が不十分となり、低身長になってしまうのです。特に、背を伸ばすために欠かせない「タンパク質+カルシウム」という2つの栄養素が欠けると、なかなか背が伸びなくなってしまうようです。また、背がぐっと伸びる成長期に偏食が続くと、背を伸ばすチャンスを逃してしまいます。

≪原因③:ストレスや生活習慣の乱れ≫

現代の子供は、勉強や学校内での人間関係など、大人と変わらないストレスを受けていることが多いようです。これが脳にダメージを与え、成長ホルモンの分泌を妨げています。その結果、背が伸びにくくなっていると言われています。

また、最近は、生活習慣が乱れている子供も増えており、運動不足と睡眠不足が目立っています。成長ホルモンは、体を動かすこと・毎日熟睡することによって分泌します。ところが、現代の子供の多くはそれらが不足しているため、低身長の傾向があるようです。

成長ホルモンは、睡眠中に特に活発に分泌すると言われています。なので、子供の睡眠不足と低身長は、かなり深い関係があると言って良いでしょう。

小学生の子供の背を伸ばす方法

小学生になると、子供は成長期の第一段階に入ります。では、成長期である小学生の子供の背を伸ばすためには何をしたら良いのでしょうか。その方法についてお話していきたいと思います。

食べ物

小学生の子供の背を伸ばすためには、「マグネシウム・亜鉛・カルシウム・ビタミンD・タンパク質」の5つの栄養素を、バランスよくたっぷり摂取することがポイントとなります。

どれかの栄養素に偏ってしまってはいけません。というのも、これらの栄養素は、お互いに作用しあうことによって効果を発揮する性質があるからです。どれかが欠けてしまうと、本来の効能を発揮できなくなってしまうのですね。

では、具体的にどんな食材を食べたら良いのかをお話していきます。

まず、マグネシウムは、わかめ・青のり・昆布・ひじきなど、海藻類に多く含まれています。

亜鉛は、牡蠣・豚肉のレバー・かつお・パプリカなどに多く含まれています。

カルシウムは、いわし・煮干し・乳製品などに多く含まれています。

ビタミンDは、キノコ類・かつお・いわしなどに多く含まれています。

タンパク質は、乳製品・大豆や大豆加工品・肉類・卵に多く含まれています。

これらの食材を、毎日の食事の中に、積極的に取り入れてみてください。

運動

小学生の背を伸ばすためには、運動が欠かせません。それも、「骨を、縦方向に伸ばしていくような運動」が必要です。

具体的に言うと、縄跳び・ジョギング・バスケットボール・バレーボールなどです。これらの運動の共通点は、「跳び上がる動きを伴う」という点です。この動きが骨に良い刺激を与え、背を伸ばすことに役立つと言われています。

但し、あまりにも激しい運動をしてはいけません。激し過ぎる運動は、ストレスになってしまいます。ストレスは成長ホルモンの分泌を妨げるので、かえって逆効果になります。

睡眠

最近は睡眠不足の小学生が増えているようですが、これでは背が伸びにくくなります。背を伸ばすための成長ホルモンは、睡眠中に大量に分泌すると言われているからです。「寝る子は育つ」という言葉は、ここから生まれている言葉なのですね。

でも、ただ長時間寝れば良いというわけではありません。大切なことは、「十分な時間、熟睡できていること」なのです。
そのため、できる限り早寝早起きをして生活リズムを整え、睡眠の質を上げる必要があります。

背を伸ばすためのサプリ

成長期に入ってもなかなか背が伸びない子供には、サプリを飲むことをオススメします。

背を伸ばすためのサプリは色々ありますが、「毎日の栄養バランスを整えて、背が伸びやすい体質を作る」ということが共通点です。そのため、即効性はありませんが、偏りがちな栄養バランスが整い、背を伸ばすための土台が体の内側に作られるため、とてもオススメです。

実は、背を伸ばす上で最も大きな壁となるのが、食事です。

バランス良く食事を与えているつもりでも、知らず知らずのうちに栄養バランスが偏ってしまうからです。それを無理なく整えてくれるのが、サプリです。最近は、お菓子感覚で口に入れることのできる、子供向けのサプリもあるので、ストレスなく続けることができますよ!

背はいつまで伸びる?

大抵の場合、男の子は高校2~3年生頃・女の子は中学3年~高校1年生頃になると、身長の伸びが止まってしまいます。

中にはもっと早く止まってしまう子供もいますが、大体はこのくらいの年齢まで背が伸びると考えられます。一方で、人によっては、成人しても微妙に背が伸びるというケースもあります。

人間の背は、まず、成長ホルモンの分泌によって伸びていきます。成長期には、これが活発に分泌するため、ぐっと背が伸びます。でも、成長期を過ぎると、分泌が減り始めるため、少しずつ伸びのペースが落ちていくのです。

男の子の高校2~3年生頃・女の子の中学3年~高校1年生頃というのは、ちょうどそのような時期に当たります。

更に、骨の端にある軟骨・「骨端線」の膨張によっても、背は伸びます。

骨端線は、生まれてから成長期までの間は柔らかい状態にあり、これが自由に膨張することによって背が伸びるのです。しかし、男の子は高校2~3年生頃・女の子は中学3年~高校1年生頃に、骨端線が固まって閉じ始めます。これが完全に固まってしまうと、もう背は伸びなくなります。

ところが、稀に、成人しても骨端線が柔らかいままの人もいます。この場合、成人しても、微妙に背が伸び続けることもあるようです。

低身長と体重とは関連性があるの?

よく「背が低いのは、痩せ型だからだ」「背が低いのは、太っているから、栄養分を体重の方に取られてしまっているからに違いない」と悩む子供もいると聞きます。

しかし、大抵の場合、低身長と体重は、ほとんど関連性はないと言われています。なので、「体重が増えないから、身長も伸びない」「太っているから、身長が伸びない」とは考えにくいと言って良いでしょう。

但し、ごく稀に、低身長と体重が深く関係してしまっているケースもあります。それは、子宮内発育不全で生まれてきたケースです。

子宮内発育不全の状態で生まれ、3歳までに改善が見られないと、低身長・低体重になってしまうことがあります。この場合、成長ホルモン治療が必要になります。でも、このケースは珍しいケースであると考えてください。ほとんどの場合、身長の伸びと体重の増減は関連性がないとされているので、安心してくださいね。

また、成長期にダイエットを行って体重を減らした場合、体に栄養が足りない状態になるので、背が伸びなくなることがあります。体重との因果関係はありませんが、この場合、身長・体重の数値が同時に伸び悩むことだけは確かです。

背が伸びるパターン(成長パターン)

人間の背は、乳児期・小児期・思春期で伸び方が違います。そこで、それぞれの時期における背の伸び方についてまとめました。

乳児期

生後から1歳未満の乳児期は、1年間でかなり背が伸びる時期でもあります。「背が伸びるのは思春期」というイメージがありますが、この時期も急激に背が伸びる時期です。

乳児期は、男の子の場合、生後から1歳になるまで、平均約49cmから約74cmまで背が伸びます。なので、1年間で約28cmくらい背が伸びます。一方、女の子の場合は、平均約48cmから約72cm間で背が伸びます。なので、1年間で約24cmくらい背が伸びることがわかります。

小児期

1歳~未就学児である小児期に入ると、1年間の背の伸び方は緩やかになっていきます。

まず男の子は、1~3歳くらいまでは、1年間に7~8cm程度伸びます。それぞれの平均身長は、1歳が約75cm、2歳が約85.5cm、3歳が約93cmです。3歳を過ぎると、1年間に6cm前後伸びるという伸び方に変わります。平均身長は、4歳が約100cm、5歳が約106cm、6歳が約117cmです。

一方女の子は、1~3歳くらいまでは、1年間に8~10cm程度伸びます。それぞれの平均身長は、1歳が約73cm、2歳が約84cm、3歳が約92cmです。3歳を過ぎると、1年間に6~7cm前後伸びるように変わっていきます。平均身長は、4歳が約99.5cm、5歳が約106cm、6歳が約112cmです。

思春期

11~17歳の思春期は、1番の成長期と呼ばれる時期です。そのため、男女共に急激な体に変化が起こり、背もぐっと伸びていきます。

男の子の場合、思春期の初めの頃は、平均約145cm程度です。ところが17歳くらいになると、平均約170cmまで一気に伸びてしまいます。特に、高校生くらいの時期に一気に伸びるケースが多いようです。

一方、女の子の場合、思春期の初期は、平均約147cmくらいなので、男の子より背が高いと言えます。でも、17歳になる頃の平均身長は約158cmです。

女の子は、小学6年から中学2年生くらいにかけて、10cm近く背が伸びます。その後は急激に伸びが止まるということが特徴です。

両親の背が低いと背が伸びないってホント!?

両親の背が低いと子供の背も低くなるというケースは、実は少なからず存在すると言われています。両親、もしくは親のどちらかが背が低いと、それが子供に遺伝するというケースで、これを「家族性低身長症」と言います。

しかし、両親の背が低いからと言って、その子供全員が低身長になるとは限りません。確かに、家族性低身長症というケースは存在しますが、先天的な遺伝が全ての原因ではありません。

むしろ、「子供は、生活習慣や環境が両親と似てしまうため、それが原因で背が伸びづらい」という後天的な原因の方が大きい、という意見もあります。

例えば、ストレスを溜め込む生活習慣、偏食、夜更かしなどが家族全員で習慣になっていれば、当然、身長の伸びを妨げますね。このことが勘違いされ、「この子は両親に似て背が低い、これは遺伝だ」と思われてしまうことも多いようです。

確かに遺伝が原因であるケースもありますが、これは低身長の原因の半分程度と言われています。残りの半分は、後天的なものが原因であるようです。

子供の低身長と背を伸ばす方法まとめ

子供の低身長は、遺伝など、先天的なものが原因になっているケースもあります。一方で、好ましくない生活習慣や食生活、病気やケガなどによるホルモン異常など、後天的なものが原因になっているケースもあります。

何が原因なのかは1人1人違うので、原因を突き止めたい場合は、検査が必要になるでしょう。

子供の背を伸ばすためには、質の良い睡眠・バランスの良い食事・跳躍の動きを伴った適度な運動が不可欠です。特に、食事による栄養バランスはとても大事なポイントです。

でも、毎日の食事で、それをまんべんなく摂ることは難しいですよね。そのため、背を伸ばす効果のあるサプリを上手に使うこともオススメします。今は、子供が喜ぶお菓子のようなサプリも色々出ているので、必要な栄養を無理なくしっかり摂ることができますよ!

この記事をシェアする