子供の背を伸ばすレシピ 身長を伸ばす食べ物はこちら

子供の背を伸ばすレシピ

 

子どもの身長を伸ばしたいと思うのなら、日々の食事が一番大切です。特に思春期になると食欲が増す分、偏食があるとバランスの取れた食事を毎回用意するのが大変になります。

 

これを食べれば身長が伸びるというものはありませんが、身長を伸ばすために必要な栄養素を多く含んでいる食品や料理を食べることで、成長をサポートすることができます。

 

子供の身長がぐんぐん伸びるレシピをご紹介します。

 

洋風茶碗むし

 

子どもの身長を伸ばすために必要なのは、良質なたんぱく質やカルシウムを含んだ食材を使うことがポイントになります。

 

食べやすい茶碗蒸しは、体調を崩している時などにも最適ですよ。

 

材料 1人前

鶏胸肉(皮は除く)…50g
かにかまぼこ…2本
かまぼこ…2切れ
小松菜…1/10束
低脂肪乳…200CC
コンソメスープの素…少々
とき卵…1/2

 

作り方

1. 一口大に切った鶏肉をさっとゆでます。
2. 小松菜はゆで、水気を切ってからざく切りにします。
3. かまぼこや、かにかまぼこは食べやすい大きさに切っておきます。
4. 牛乳に公司目スープの素を入れ、温めて粗熱を取ります。
5. 粗熱が取れた牛乳にとき卵を入れ、かき混ぜてからこし器でこします。
6. 耐熱容器に、鶏肉、小松菜、かまぼこ、かにかまぼこを入れ、5の卵液を流し入れます。
7. ラップをふんわりとかぶせ、器が入るほどの耐熱容器に水を1/3程度入れます。
8. 電子レンジ500W 4分加熱すると完成です。

 

ふんわり卵の親子丼

 

料率なたんぱく質を含んだ卵で作る親子丼は、夕ご飯にも夜食にもピッタリですね。

 

材料 4人前

鶏もも肉…1枚
玉ねぎ…1玉
卵…4個
酒…大さじ2
みりん…70CC
醤油…40CC
砂糖…大さじ1
水…100CC
顆粒だし…小さじ1
三つ葉…適量

 

作り方

1. 鶏肉を食べやすい大きさに切ります
2. 玉ねぎを薄切りに切ります
3. とき卵を作ります。
4. 鍋に水と顆粒だしを入れ、酒、みりん、しょうゆ、酒を加えて煮立たせます。
5. だし汁が沸騰してきたら、たまねぎ、鶏肉を入れます。
6. 鶏肉に火が通ったら、いったん火を止め、とき卵を入れます。
7. 再度火を付け、鍋に蓋をして、とき卵がとろりと固まったら出来上がりです。
8. お好みで三つ葉を散らして、お召し上がりください。

 

ささみのピカタ

筋肉を作るうえで必要な良質なたんぱく質を含むささみと卵を使ったレシピです。ピカタにすることで、ささみが柔らかくなります。

 

冷めてもおいしくいただけるので、お弁当のおかずにもピッタリ!

 

材料 4人前

ささみ…約8本
酒…大さじ2
塩コショウ…少々
薄力粉…適量
パルメザンチーズ…大さじ1と1/2
卵…2個
ケチャップ…お好みの量
サラダ油…大さじ2
乾燥パセリ…お好みで

 

作り方

1. ささみは1本を2~3等分し、食べやすい大きさにそぎ切りします。
2. 切ったささみに酒を振りかけ、少し揉んで10〜30分程度置いておきます。
3. ボウルにパルメザンチーズと卵を混ぜよく混ぜます。
4. 2に薄力粉をまぶします。
5. フライパンに油を熱し、ささみを卵液にくぐらせ、両面を中火で焼きます。
6. ケチャップを添え、乾燥パセリを振りかけて出来上がりです。

 

スパニッシュオムレツ

 

19センチのフライパンで作るスパニッシュオムレツは、大勢で切り分けて食べられる満腹メニュー。弱火で15分くらいかけてゆっくり作るメニューです。

 

材料 4人前

卵…3~4個
じゃがいも…大2個
玉ねぎ…中1/2個
オリーブオイル…大さじ5
塩、コショウ

 

作り方

1. 玉ねぎを1センチ大のみじん切りにします。
2. フライパンにオリーブオイルを入れ、玉ねぎがあめ色になるまで弱火で煮つめます。
3. じゃがいもをさいの目に切ります。(水にさらさなくてOKです)
4. 玉ねぎを煮つめているフライパンにじゃがいもを入れ、軽く混ぜ、蓋をして油で蒸しながら煮ていきます。
5. 卵を大きめのボウルに割入れ、かき混ぜます。
6. 4を時々混ぜながら、塩、コショウで少し濃く下味をつけていきます。
7. じゃがいもが崩れてきたら、卵のボウルにすべて移し、軽く混ぜます。
8. フライパンに卵液と具の入ったものを移し、蓋をして蒸し焼きます。
9. 片面が焼けたら、一気にひっくり返します。(このときにはフライパンよりも大きめのお皿を使ってフライパンを覆い、ひっくり返すと返しやすいです)
10. さらに片面も弱火で3分程度焼き、焼き目がついたら出来上がりです。