「アスミール」成長期の伸び盛りを応援するドリンクの特徴

アスミールはタレントで2児のママである小倉優子さんが、絶賛している成長期のお子さん向けのドリンクタイプの栄養機能食品です。

 

このアスミールは、成長期のお子さんに必要なカルシウムやビタミンなどの栄養素が含まれていて、コップ1杯の牛乳に混ぜて飲むだけで、一日に必要な栄養素が約80%も取れる優れたドリンクなのです。
アスミールは雑誌や新聞、マスコミでも取り上げられ、注目度急上昇中の栄養機能食品のひとつです。

 

アスミールをおすすめしたい人(年齢を含め)

 

小さなお子さんがいる家庭では、

  • 「同じ年齢の子どもに比べて我が子は小柄なのでは」
  • 「スポーツを習っているため、体格が気になる」
  • 「家庭での食事で本当に栄養が足りているの?」
  • 「偏食が多くて、食事が偏っている」

などの悩みが気になるところ。そうしたお子さんには、このアスミールがおすすめです。

 

アスミールでは足りていない食事の栄養素を補うだけでなく、身体づくりの基礎となる必要な栄養を効率よく摂取することができるのです。

 

アスミールは、小さなお子さんから身長が伸び始める10歳前後から18歳ごろまでの成長期のお子さんには特におすすめします。

 

アスミールの成分は?副作用は大丈夫?

 

アスミールにはアルギニン、亜鉛、プラセンタといった身体を作るのに必要不可欠な栄養素が、バランスよく配合されています。アルギニンは成長ホルモンの分泌を促し、筋肉を増やし、健康的な身体を作るのに欠かせません。亜鉛は、成長ホルモンをつくるたんぱく質を合成するために必要な栄養素です。

 

昨今はスナック菓子やファストフードの摂取により、亜鉛不足が問題になっていますが、不足しがちな亜鉛を補っていく必要があります。また、プラセンタは生成されたたんぱく質を効率よく補給してくれる役割を補っています。

 

他にもアスミールには一日で必要な、カルシウム 86%、鉄分85%はもちろん、ビタミンB2 84%、ビタミンB12 91%、ビタミンA 70%、ビタミンB6 123%、ビタミンE 70%、ビタミンC 75%、ビタミンD 75%がコップ1杯の牛乳に混ぜるだけで、簡単に摂取することができてしまうのです。

 

アスミールは栄養機能食品ですので、飲んで副作用がでることはありませんが、食物アレルギーがある場合は、原材料に乳製品、大豆、ゼラチンを含んでいるため、注意が必要です。

 

使われている材料はすべて国内で生産されたものを使われており、また、合成保存料、合成着色料、合成甘味料も不使用、日本国内の工場ですべて作られています。さらに、気になる放射能の検査も行っていますので、安心して子どもが摂取することができるのです。

 

アスミールの効果的な飲み方やタイミングは?

 

アスミールはアイスでもホットでも飲む事ができるので、季節を問わず長く子どもの成長をサポートすることが可能です。

 

アイスではアスミールを専用のスプーン2杯(6g)をシェイカーに入れて、牛乳100CCと一緒に良く振って作ります。しっかり振って粉っぽさがなくなったら、なめらかで飲みやすいです。

 

またホットで作る場合は、大き目のカップにアスミールをスプーン2杯(6g)に入れて、まず温めた牛乳を30CC注ぎ、良くかき混ぜ、更に70CCの温めた牛乳を注ぎ良くかき混ぜます。

 

そのほか、クッキーやお菓子に混ぜる方法もあるようです。定期コースを注文された場合、レシピブックも同梱されているので、食べるアスミールも試してみる価値がありそうです。

 

では、このアスミールをいつ飲むと良いのかというと、一番のおススメは成長ホルモンが夜作られることを考えると、寝る前に飲むのが良いのではないかと思います。ほかに、空腹時も体内での吸収率がアップすると考えられるため、おやつの時間や子どもがジュースを欲しがったりするときにもおすすめです。

 

アスミールとセノビックの違い

 

セノビックとアスミールの大きな違いは含有されている成分の種類です。セノビックに配合されているビタミンはビタミンC、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンDの5種類ですが、アスミールはそれらに加えビタミンB12、ビタミンB6、ビタミンAも配合されているのです。ビタミンB12、B6は神経細胞やたんぱく質の合成や修復、代謝を助ける働きがあります。

 

また、アルギニンも配合されていることから、成長ホルモン分泌を助長してくれる働きもあるのです。

 

また、セノビックは牛乳300CCに溶かして飲むのに対し、アスミールは100CCに溶かして飲むことから、牛乳嫌いの子どもであっても嫌がらずに飲むことができるのです。

 

アスミールとミロの違い

 

ミロといえば、おなじみの麦芽飲料です。このミロは1934年にオーストラリアで生まれたココア味の飲み物です。歴史も長く、親御さん世代なら飲んだ方も多いのではないでしょうか。

 

アスミールとミロの大きな違いはまずはそのお求めやすさです。アスミールは通常価格4102円(税抜)ですが、ミロはスーパーなどで300円前後にて購入する事が可能です。そのため、栄養補助食品としては非常にコストパフォーマンスが良いように感じます。

 

しかし、成分をみていくと、ミロは栄養機能食品であるものの、摂取できる栄養素はアスミールより劣ってしまいます。配合されているビタミン群の種類だけでなく、カルシウムが220mg摂取できるにも関わらず、亜鉛やアルギニンといった成長ホルモンやたんぱく質を生成する作用を促す成分が配合されていないため、栄養をバランスよく摂取できても、吸収率があまり優れていない印象です。

 

アスミールの口コミからわかった、メリット、デメリット

 

アスミールの口コミから、メリット、デメリットを検証してみました。

 

良い口コミの中には、「8か月を過ぎたころに目に見えて身長が伸びた」「一年で10cm近く身長が伸びた」などと言う声が聞かれます。反対に悪い口コミには「効果がなかった」というコメントもよくみられますが、この効果を感じなかったというコメントの愛飲歴を見て、2〜3か月の方が非常に多いように感じます。

 

何かしらの効果を感じている人は半年〜1年以上も愛飲し続けており、長期にわたって飲用することで効果を感じている人が多いようです。

 

他にも「体格が一回り大きくなった」「風邪をひきにくくなった」「DHAが配合されているから学習面にも期待できる」などの声が挙がっています。

 

アスミールの味は?飲みやすい?

 

アスミールはココア味です。牛乳に混ぜて飲むのが推奨されています。また、牛乳嫌いのお子さんでもココア味なので、苦手意識なく飲むことができるようです。

 

【最安値情報】アスミールを最安値で購入する方法

 

アスミールは定価だと、4102円(税別)と毎日、しかも長期で続けるとなると、ちょっとお高めに感じてしまうかもしれません。しかし、定期コースなら初回2050円で、通常の半額でさらに送料無料、手数料無料、特製シェイカーと管理栄養士監修の「おかずレシピブック」が付いてくるのでお得です。(3回以上の定期コースが条件となります。)

 

さらに今なら先着100名様限定で、初回限定500円でお試しできるのでこの機会を逃す手はありません。(こちらのキャンペーンは予告なく終了する場合があります。)

 

アスミールはAmazonや楽天市場で購入できるの?

楽天市場では6個セット、12個セットで購入が可能です。お子さんが何人もいるご家庭や長期で摂取を検討されている方にもよいかもしれませんが、公式サイトではついてくる特製のシェイカーがないため、粉が解けないなどの口コミも見られます。

 

Amazonでは1個からの購入が可能ですが、4180円の定価での販売となっています。味を試して飲みたいと思われる場合は1個から購入してお試しするのもアリですが、ちょっとお高い印象です。

 

アスミールの解約方法は?返金保証は付いている?

アスミールの定期コースは特別価格で3か月以上が条件となっています。4回目以降は発送前に電話連絡をすれば、すぐに解約・休止することが可能です。

 

ただし、購入者側からの都合で定期から単品に変更した場合は、通常価格との差額を追加で支払う必要があるようです。残念ながら、効果が出なかった場合の返金保証はありません。