バスケやバレーをやると背が伸びる?

「バスケやバレーをやると背が伸びる」とよく聞きますね。都市伝説のように昔から言われています。そのため、子供の成長期にそれらをやらせるという御両親も多いようです。

 

では、バスケやバレーをやると背が伸びるという噂は、本当なのでしょうか。

 

バスケとバレーには、ジャンプの動きが付き物ですよね。この動きこそが、背を伸ばすことに役立つと言われています。

 

ジャンプは、上の方向に向かって跳ぶ動きですよね。この動きは、骨に「縦方向の刺激」を与えることに繋がります。その結果、骨が上に向かって伸びていくことを助けてくれる効果が高くなると言われています。

 

この「縦方向の刺激」を成長期の骨に与えると、かなり背が伸びやすくなるようです。成長期は軟骨の組織が柔らかいので、良い刺激を受けることで、より成長しやすくなるのですね。

 

また、ジャンプは主に、下半身を使って行う動きです。ジャンプをする時の体を分析してみるとわかりますが、上半身よりも下半身を使っていることがわかると思います。

 

そのため、ジャンプの動きをすると、脚の骨に刺激が与えられます。身長は脚の部分から伸びていくため、「脚に重点的に刺激が加わる」という点も、身長の伸びにかなり関係していると言って良いでしょう。

 

さて、一方で、「バスケとバレーをやると筋肉がついてしまうので、むしろ背が伸びにくくなってしまうのでは?」と心配する人も多いようです。確かに、脚に筋肉を付け過ぎると、背が伸びなくなる可能性も高くなります。

 

でも、バスケやバレーの場合、走る動き・ボールを投げる動きも加わります。そのため、体のあちこちのエネルギーが使われます。言い換えれば、「体の一か所だけに圧力が加わってしまうことはない」と言えます。このことが、体全体にバランス良く刺激を与えることに繋がり、「脚だけの筋肉を鍛えてしまう」という事態を防いでくれます。

 

なので、バスケやバレーをやっても、背が伸びにくくなることはあまりないようです。ただし、間違った練習方法・負荷のかけ方をしていると、筋肉の付き方に偏りが出てしまいます。この場合は、背が伸びにくくなる可能性もあるかもしれません。

 

都市伝説のように昔から言い伝えられてきている「バスケやバレーをやると背が伸びる」は、ある意味本当のことのようです^^