プロテインと身長の関連性について〜身長が伸びないの?

巷には「プロテインを飲むと背が伸びやすくなる」「成長期にプロテインを飲むと、背が伸びにくくなる」という真逆の意見が存在しています。

 

では、本当のところ、プロテインは子供の身長にどう影響するのでしょうか。

 

ここでは、プロテインと身長の関連性についてお話していきます。

 

子供の身長を伸ばすためには、プロテインは必要ない

 

プロテインは、身長を伸ばすために欠かせないタンパク質を粉末状にしたものです。なので、「プロテインはタンパク質そのもの」だと言えますね。

 

ここから考えると、「身長を伸ばすためには、プロテインを飲んだ方が良いのでは?」と思うかもしれません。ところが、結論から言うと、成長期にプロテインを飲んだからと言って、身長が伸びやすくなるということはないようです。

 

確かに、子供の身長を伸ばすためには、タンパク質が欠かせません。でも、実際のところ、よほどの偏食でない限り、子供の身長を伸ばすために必要なタンパク質は、毎日の食事で補えているというデータがあるようです。

 

また、プロテインは「タンパク質そのもの」でしかないので、他の栄養素は含まれていません。身長を伸ばすためには、亜鉛など、他の栄養素が必要になります。タンパク質だけ摂取しても、意味がないのですね。

 

このことから考えると、プロテインは、「タンパク質が不足している時の補助」にはなります。でも、身長を伸ばすことに直接役に立つわけではないようです。

 

「プロテインを飲むと背が伸びない」というのも間違った情報

 

逆に、「成長期にプロテインを飲むと、背が伸びにくくなる」というものも、間違った情報であるようです。

 

よく、スポーツ選手などは、筋肉を増強させるためにプロテインを飲みますよね。このことからプロテインは、「筋肉を増強させるためのもの」というイメージが強くなりました。それに加えて、「成長期に筋肉を付け過ぎると、身長が伸びなくなる」という概念も加わり、このような間違った情報が出回ってしまったのでしょう。

 

でも、現実的には、大量にプロテインを飲んだだけでは、筋肉は増強されません。筋肉を増強させるには、かなりの運動が必要になります。なので、「プロテインを飲んだだけでは、身長が伸びなくなることは考えづらい」と言えます。

 

ただし、「プロテインを飲んだ上で、毎日激しい運動をしている」という子どもであれば、もしかしたら、身長が伸びづらくなることもあるかもしれません。でも、「激しい運動」と言っても、スポーツ選手並みのハードなものです。

 

なので、普通の生活をしている子供であれば、ある程度しっかり運動をして筋肉を付けても大丈夫です。それが原因で身長が伸びなくなることは少ないので、安心してくださいね。