亜鉛を摂取すると子供の身長が伸びるってホント?飲むタイミングは?

子供の身長を伸ばすためには、豊富なタンパク質が不可欠です。特に成長期には、タンパク質を食べ物などで積極的に摂取することが必要です。

 

それに加えて、体内でタンパク質を作り出すことも、同じくらい大切です。それらの働きがスムーズに行われることによって、身長が伸びていくというわけですね。

 

この2つの働きに欠かせない成分が、亜鉛です。成長期の子供だけではなく、お年寄りにも必要な栄養素です。亜鉛欠乏症になると味覚障害を引き起こすので意識的に取りたい成分です。ただし、取り過ぎによる弊害もあるので一日の摂取量は厳守してくださいね。

 

老若男女問わず必要な成分、「亜鉛」と、子供の身長の伸びとの関係について解説していきます。

 

亜鉛は骨の成長にダイレクトに関わっている

 

人間の骨は、タンパク質を摂取することで成長していきます。そのタンパク質を合成してくれる栄養素が、亜鉛なのです。言い換えれば、「亜鉛なしでは、体内にタンパク質を作り出すことができない」と言えます。そして更に言ってしまうと、「亜鉛なしでは骨が成長しないので、亜鉛不足の子供は身長がに美憎い」とも言えますね。

 

特に最近は、好き嫌いや偏食などで、慢性的に亜鉛が不足している子供が増えているようです。

 

亜鉛を多く含む食材は、納豆・牡蠣・豚レバーなどです。でも、これらの食材は、子供にとってはちょっとクセがありますよね…。なので、あまり食べたがらない子供も多いと思います。

 

そこで、亜鉛サプリを毎日飲ませるようにすると、必要な亜鉛を毎日摂ることができます。ある程度の期間飲み続けることで、身長が伸びやすい体質に変わっていくという効果も期待できます。

 

亜鉛サプリを飲むタイミングとは

亜鉛サプリは、子供の体を「身長が伸びやすい体質」に変えることに役立ちます。でも、どうせ飲むなら、より効果的な飲み方をしたいですよね。実は亜鉛サプリは、飲むタイミングがとても重要だと言われています。

 

まず、「成長期の早い段階で、亜鉛サプリを飲ませる」ということです。成長期に十分な量の亜鉛を摂取できていれば、身長が伸びる確率がぐんと上がります。なので、成長期に差し掛かる小学校高学年くらいからは、ぜひ飲ませてみることをオススメします。

 

逆に、成長期が終盤になると、摂取した亜鉛が、身長を伸ばすために使われなくなり始めます。ある程度の年齢に達すると、人間の体は、成長よりも体のメンテナンスを優先し始めます。そのため、亜鉛は、成長ではなく、体の健康の維持に使われてしまうようになるのです。

 

更に、亜鉛サプリは、毎食後に飲むのが1番良いと言われています。食事をすると、色々な栄養素が体に入ってきますよね。短い時間の間に、それらの栄養素と亜鉛が一緒に体内に入ることで、相乗効果が起こると言われています。その相乗効果の結果、亜鉛が、よりスムーズに体内に吸収されやすくなるようです。

 

また、サプリはできるだけ、水かぬるま湯で飲むことが理想です。水やぬるま湯は中性の液体なので、亜鉛サプリの成分とぶつかり合うことがないからです。

 

注意!亜鉛の摂り過ぎは危険!

亜鉛サプリは毎日飲み続けることが大切ですが、1日に決められた量以上は飲まないようにしてください。亜鉛を摂り過ぎると、吐き気や頭痛・めまいなどの副作用が起きることがあるからです。

 

また、亜鉛は鉄分や銅と相性が悪い成分です。そのため、亜鉛を過剰摂取すると、鉄分が吸収できなくなって、貧血を起こすこともあります。同様に、銅の成分も吸収しづらくなるので、それによって、コレステロール値の異常を引き起こすリスクが高くなります。